伝統ある老舗の味松葉屋へようこそ。

江戸元禄年間創業、当時は宿場茶屋 松葉屋で始めました。
時代も代わり、世代も代わりましたが、加須うどんの素晴らしさを残すように作っております。

1966(昭和41)年8月10日 初版発行 田山花袋(たやまかたい)(1871年1月22日~1930年5月13日)の「田舎教師」にも登場する饂飩屋になりました。
「田舎教師」は、主人公の林清三が旧制中学を卒業後に、羽生の小学校代用教員として明治34年に採用、明治37年に病を得て死ぬ迄の約3年半の生活を描いた小説です。
お読みになりたい方はこちらからダウンロードしてください。

松葉屋の人気商品と言ったらやはり、「野菜天うどん」でしょう。ボリューム、味、価格、共にご好評の一品です。
宴会場はお店の裏手にあたる北口よりご紹介しております。
店構えからは想像もつかないぐらい広い宴会場で、最大約100人承る事が出来ます。
カラオケなどの設備もご用意しておりますので、ゆっくり寛ぎながらご利用していただけます。
是非、お越しになってご賞味ください。